■塗装計画#1

シャア専用ズゴック風赤ヴァージョン

ズゴックと言えば量産型のブルー基調のものよりシャア専用ズゴックの赤基本の塗装がやはり何といってもスタンダードですし、やはり惹かれるものがあります、でもまんま塗装してもこのプロトタイプズゴックにはイマイチピンときません、自分なりの設定ではMSM07SとMS07Eの中間に位置する機体と考えているので、もう少しひねりをいれた塗装にしたいとは思っているのですが、やはり赤はかなり惹かれるものがあります、赤の色味を少しダーク目に彩度を落としてマット仕上げにする、何となく大人仕様のズゴックになりそな気がしているのですが、どうでしょうか?

現用戦闘機にあるグレイ系

これは完全なマット仕様のグレイで腹部にシルバーを入れたりメタルパーツがよいアクセントになりそうな気がしますし、なにより戦闘をイメージさせるように思えます、同時に腕や足のガンメタリックも雰囲気出しそうだし、迫力ということを考えるとこのグレイヴァージョンはかなりアリなのかと思います。

水中戦用ブルー仕様

単純にブルー一色というより微妙に明暗を付けた青で構成しようかと考えています、また他の人の作品に水中迷彩がありかなり惹かれるものがあり波紋パターンを白っぽい青でいれるのもありかと、それに航空自衛隊のF2Aの洋上迷彩も試してみたい塗装です。このズゴックの形状ならば2色の濃淡のぼかし迷彩は結構あうように思えます。

砂漠戦デザート仕様

このズゴックは陸上戦に持っていっても面白そうな気がします、このイメージ画では砂漠色イエローオーカー1色ですが、USアーミーの砂漠迷彩にしてもいいかもと思っています、海底の堆積した泥の中から現れるイメージを持っているので、砂漠の砂の中から出現するのもありでしょう、でもこの機体はアニメ動画の中に設定を持って出演させるので、その設定海中での戦闘にはこの色合いは合わないでしょう、それでももし同じズゴックを作るなら次回は是非この色味を採用したいと思います。

無塗装金属肌シルバー

最初考えていたのは、このシルバーまるだしの色合いでした、なにせこのズゴックはプロトタイプなんで塗装はまだされておらず、これから一連のテスト機動をした後に塗装についても考えるという事に設定してあったのですが、そうなると各部分ごとに色合いを変えた銀塗装をしなければなりません、現状下地のシルバーは缶スプレーで出来ますがその他の各パネルごとに色味を変えたシルバー塗装は筆塗りと言うことになります、さすがに筆塗りで塗り分けるのは銀塗装の場合相当にハードルが高く現在のスキルではとても満足のゆく仕上がりになるとは思えません、なので今回は断念する事にしました。

■突然エアブラシシステム登場

エアブラシセット購入

銀塗装がエアブラシでなければ、上手く出来ないと言うことで諦めたのですが、ここ何年もエアブラシ導入に迷っていたのは価格の面や缶スプレーと筆で何とか製作出来てしまっていたのでコストパフォーマンスを考えるとそれ程の必要性がなかったのです、それにマンションなので排気や設置場所の問題もあったからでした、それが今回ズゴックの塗装をシルバーにする事が諦めきれず、そうなるとこれはもうエアブラシ買うっきゃないとカラーリングを考えるのを少し止めてエアブラシを再度徹底検索してみました、ずーっと悩んでは各メーカーのサイトを見ていたので機種的にはほぼ決定していたので、タミヤのコンプレッサーパワータイプと塗装ブースツインファンをほとんど衝動的にポッチとしてしまいました。

排気システム案その1

届いた塗装ブースをさっそく組み立て、まずは排気をキッチンのレンジフードで試し吹きをしてみました、さすがタミヤ!キッチンの中にシンナー臭は一切ありません、でもキッチンで毎回塗装するというのは本当に最後の手段に取っておいて、自室の中での排気を本気で考えます、ベランダで缶スプレーを使っていた時に隣のベランダから話し声が聞こえてきて「なんか変な匂いがする」と騒いでいたもので、持続的にベランダで塗装するのを止めていました、また自室から外に排気するとなると自室の窓の外はマンション通路でそれこそ住人に直接吹きかける事になります、そこで取りあえず使用していなかった古い空気清浄機に一旦吸わせてその排気を自作の消臭ブースで何とかしようと考えました、写真で排気パイプがあたっているのが空気清浄機です、この状態でサフを吹いてみましたが、清浄機からの排気臭はシンナーそのものでなんの改善にもなりません、ソッコウ消臭ミストスプレーを部屋中に吹く事になりました。

コンプレッサーとエアブラシをセッティング

排気問題はやはりかなりの難題なのでモチベーションだだ下がり、他に気をそらす事にしてコンプレッサーとエアブラシをセッティングして動作テストをしてみます、それこそ塗料を吹くわけには行かないので、水をカップに入れて吹きました、圧力がかなりあるのでかなり重めの塗料も行けそうです、ここまでは良いんですがやはり排気問題です、ラッカー系塗料なのでVOCガス(トルエン臭)が発生するんで、塗料を水性アクリ系に変えてしまう事も考えています、ですが今回銀塗装をするという名目で導入したので水性のシルバーでは発色がかなり落ちるし(水性銀で試して結果を見たいです)結局ラッカー系シルバーになるのでやはり匂い対策です、でもこのVOCガス専用の消臭スプレーやゲルもあるのでそれらを組み合わせてとにかく自作消臭ブースを製作します。

 

と言うことで、次回からしばらく排気システムの製作報告です。

スポンサーリンク